TOP > Jazz > Swedish (Scandinavian) Jazz【北欧ジャズ】 > Very Swedish

Very Swedish


品番 SOLJ-0001
価格 2,400円(税込2,592円)
購入数
この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける
Very Swedish / ベリー・スウェーディッシュ [ 2001年11月末発売 ]
Sweet Jazz Trio / スイート・ジャズ・トリオ
下下記タイトルをクリックして頂くと、ご試聴頂けます。
 
【ライナーノーツ抜粋1】
Sweet Jazz Trioについて
アルバム邦題 : "フロム・スウェーデン・ウィズ・ラヴ"(原題:"Very Swedish")
原盤ライナーより

このCD("Very Swedish")は、Sweet Jazz Trioのコンセプトである"室内楽的なジャズ"に生まれ変わったスウェーデン音楽を紹介している。これらの曲はスウェーデンのフォークソングやバラードが立派にスウェーデン・ジャズとなっていて、ほとんどの曲は、スウェーデン人なら歌える曲から以前に聞いた事の無い様な作品に仕上がっている。
スウェーデン・フォークソングは哀愁を感じさせる。―藍色の夜明け,青緑色の木々、深く謎めいた森林地の湖、魅惑的な黄昏、永い冬、さみしさ。
"Jag vet en dejlig rosa", "Byssan L ull", "Va'da du", 
"Vem kan segla forutan vind", "Keistallen den fine", "Ack Varmeland du skona"といった曲を聞けば十分に理解出来るはずだ。
実際はスウェーデンの歌として取り上げられている歌は、時代を重ねるごとに、出所は霧にはばまれ、どれが純粋なスウェーデンの歌であるかという事を判断するのはとても難しいのだが…。

このアルバムに収録されているその他の作品は、スウェーデン・ジャズ界の著名な4人によって作曲されたものから構成されている。
バラードシンガーであるOlle Adolphson, Cornelis Vreeswijk, Torgny Bjorkそしてユーモア作家でもあり歌手そしてピアニストであるPoverl RamelはSweet Jazz Trioについて次の様に語っている。
Olle Adolphsonは、"Det Gatfulla folket"を語る際、すぐれたウッドベース奏者であるHans Backenroth の弦を操る指を「蝶の羽の様」と表現している。
Povel Ramelは、"Underbart ar kort"を語る際、ギターを操るMats Larssonの音を「正確、厳格、美しく、感情的である」と表現している。また、「弾かない事の重要さ理解しているギター奏者」であるとも絶賛している。

テナーサックス奏者Hacke Bjorkstenと伝説の故バリトンサックス奏者Lars Gullinはスウェーデンでの一流ジャズ奏者として名高い。
故Lars Gullinの作品"Danny's Dream"について故Cael-Erik Lindgrenは、「とまどい、冷たいスウェーデンの夏夜のように悲しく、甘美の香りを漂わせると同時にやさしい抱擁を感じさせる1作品」と1954年"Orkester Journalen"にて評じている。
故Thore Swanerud は伝説のピアニストで"I'm in the Mood for Love "をJames Moodyの伴奏をして弾いている。
"Sodermalm"は彼が住んでいた母なる地―ストックホルムの南の古い町Sodermalmに向けて書き下ろされたものである。
その他にもバラード曲"Jill"、そしてアップテンポな曲"Elvan"があり、
CDの質の高さは想像以上のものであり、これはもはや"聴く"よりも"体感"する方がこのより高い価値と満足を堪能できるであろう。
(Lennart Wallnor とAke Blomに敬意を表して…)


Lesse Tornqvist
(コルネット奏者)

【ライナーノーツ抜粋2】
「ソフト・サウンド・フロム・ア・ブルー・コルネット」「ソフト&クワイエット」と、これまでに2枚のアルバムをアリエッタ・ディスクからリリースしてきたスウィート・ジャズ・トリオが、こんどは彼らの母国であるスウェーデンに古くから伝わる民謡や、スウェーデンのソング・ライターによって書かれた曲ばかりをとりあげた美しい作品を送り届けてくれた。
コルネットを吹くラッセ・トゥーンクヴィストを中心に、ギターのマット・ラーション、ベースのハンス・バッケンルースからなるこのトリオは、ドラマーがいないということだけでなく、徹底してアコースティックな響きの美しさを追い求めたジャズを演奏して、静かにではあるが人々の心をとらえ続けてきた。
そんなトリオが、まさに彼らの日常でもあるスウェーデンのメロディーばかりを演奏する。「ヴェリー・スウェーディッシュ」のタイトルどおり、これほどバンドにぴったりはまった企画というのもあまりないといって良いのではないだろうか。

スウェーデンのメロディー、とりわけこの地で歌い継がれてきた民族的なフォーク・メロディーには、独特の哀感やなつかしさが込められていて、人々の胸を打つ。このトリオのリーダーであるトゥーンクヴィストによれば、これらのメロディーはスウェーデン人ならばほとんどの人が小さい頃から耳にしていて、誰でも歌えるようなものばかりなのだという。深い緑に囲まれた森、森林地帯に点在する湖の青さ。たそがれどきの神秘的な光や、訪れる長い冬。
そんな人々の心の中から、ごく自然に育まれてきたのが、これらのメロディーなのだ。1951年にひとりでストックホルムを訪れたテナー・サックス奏者のスタン・ゲッツは、この地で耳にしたあるメロディーに感動をおぼえ、当時からスウェーデンで注目を集めていたピアニストのベント・ハルベルクを従えてスタジオに入り、その曲<アク・ヴァルムランド・ドゥ・ショーナ>をレコーディングした。
スウェーデン語で"美しい楽園"と訳されるこの曲に、ゲッツは"ディア・オールド・ストックホルム"というタイトルをつけたのだったが、スウェーデンのメトロノーム・レーベルからリリースされたこの演奏は、まだ24才だった若きスタン・ゲッツのクールなテナー・スタイルの魅力が最高に発揮された名演として、アメリカはもとより広く世界に知れわたるようになった。
このことがきっかけになってマイルス・デヴィスやジョン・ルイス、バド・パウェルなどもレコーディングをおこない、このメロディーは今日ジャズの世界でももっともポピュラーな一曲になっている。「ヴェリー・スウェーディッシュ」のトップでこの曲が演奏されているのは、ある意味では当然のことでもあるのだろう。
スタン・ゲッツが名演をのこしてから10数年を経た1964年の春、自分のカルテットのメンバーとともにスウェーデンのあちこちで演奏をおこなって歩いたトランペッターのアート・ファーマー(当時はフリューゲル・ホーンだけを吹いていた)は、やはりこの地に古くから伝わるスウェーデン民謡に強い共感をおぼえて、そのメロディーの数々をノートに書きためていった。そしてアメリカへ戻る前にストックホルムのスタジオで、それらの曲をレコーディング。
当時ファーマーが専属契約を結んでいたアトランティック・レーベルから発売したのである。
「トゥ・スウェーデン・ウィズ・ラブ」のタイトルで世に出たそれらの演奏も、ファーマーのしっとりしたプレイが胸にしみわたる好アルバムだったが、その中の<ヴァ・ダ・デュ>(英語では「ウォズ・イット・ユー」と訳される)と<クリスタレン・デン・フィナ>(「ザ・ファイン・クリスタル」)の2曲が、このアルバムでも演奏されている。
なかでもファーマーがノン・ビート風に吹いていた<クリスタレン…>が、ここでは幻想的なスロー・ワルツで演じられていて、メロディーがもっている素朴な味わいがいっそう良く出たものになっているところに注目したい。このアルバムには、そういった昔からの曲だけでなく、現代のスウェーデンの音楽界で活躍をおこなっているミュージシャン、ソング・ライターたちの作品2,8,9,12,15なども含まれている。
これらの作品が、古くからの歴史をもったナンバーと何の違和感もなく並んでいるのも面白いところ。
同じことはバンドのリーダーであるトゥーンクヴィストによって書かれた6,13についても言える。
同国の名バリトン奏者ラース・ガリンが54年に書いた<ダニーズ・ドリーム>は、もっとも古いジャズ雑誌といわれる"オルケスレル・ジャーナレン"のゴールデン・ディスクに輝いたナンバーで、これも地元のジャズ・ファンならば知らない人がない名曲。
また<ソーダーマルム>を書いたソワ・スワネルドは、かつてマイルスと一緒にヨーロッパにやってきたテナーのジェームス・ムーディとも共演したというキャリアをもっているベテラン・ピアニスト。
スウェーデンのジャズ界を彩ってきた、そういったさまざまな歴史の断片が、ここでのスウィート・ジャズ・トリオの演奏にも絶妙な影を落としている。
彼らが生み出してゆく音楽はスウェーデンの音楽そのもののように、どこか芯があり、しかも限りなく優しい。
何よりもジャズを愛し、自国のメロディーを愛しているトリオならではの、心のこもった美しい演奏ばかりが、ここに収められている。


岡崎 正通



Spice of Life 商品検索
Spice of Life 商品カテゴリー


Release Information -新譜リリース情報 Event Information -ライブ・コンサート情報 Publicity -メディア掲載情報 Spice of Life Facebook Page

Spice of Life アーティスト別作品
Spice of Life オススメ商品

Spice of Life ショッピングカート カートの中を見る




Junko Moriya Official Site
宮本 貴奈 Official Site

RSS
ATOM