TOP > Jazz > Japanese Jazz【ジャパニーズ・ジャズ】 > On My Way

On My Way


品番 SOLJP-0013
価格 2,400円(税込2,592円)
購入数
この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける
On My Way / オン・マイ・ウェイ [ 2013年6月26日発売 ]
Takana Miyamoto Trio / 宮本貴奈トリオ
(パーソネル)
Takana Miyamoto / 宮本貴奈:ピアノ
Matt Penman / マット・ペンマン: ベース
Ulysses Owens Jr. / ユリシス・オーウェンズ・ジュニア: ドラムス
下記タイトルをクリックして頂くと、Real Playerにてご試聴頂けます。
01. On My Way /オン・マイ・ウェイ(宮本貴奈)
02. Night Walk /ナイト・ウォーク(Dave Grusin)
03. Elevation Of Love /エレヴェイション・オブ・ラブ(Esbjorn Svensson他)
04. Metamorphosis /メタモーフォシス(宮本貴奈)
05. A House is Not A Home /ハウス・イズ・ノット・ア・ホーム(Burt Bacharach)
06. Peri's Scope /ペリズ・スコープ(Bill Evans)
07. Decision Time /ディシジョン・タイム(宮本貴奈)
08. On the Rocks /オン・ザ・ロック(宮本貴奈)
09. Parisian Thoroughfare /パリの目抜き通り(Bud Powell)
10. Wheatland /ウィートランド(Oscar Peterson)
11. この道 /Road Of Memory(山田耕筰)
 

しなやかな美しいタッチで軽快にスイングするピアノ
卓越したテクニックと斬新なアイデアに満ちた本作はまさに世界一級品
国際舞台で第一線を走り続ける宮本貴奈が待望の日本デビューを飾る!


ジョージア州アトランタを拠点にして世界25カ国を舞台に19年間にわたりピアニスト、作曲家、編曲家、音楽プロデュ−サーとして国際的に活躍して来た宮本貴奈。ついに待望の日本デビューアルバムが発売される。既にCD発売記念コンサート・ツアーがレコーディングメンバーを迎えて8月初旬に予定されており、期待が一層膨らむ日本デビューである。


宮本貴奈のCD発売を祝ってTOKU(Voc/Flugelhorn)から、メッセージが届けられた。

2004年12月25日、僕はひとりのピアニストと出逢う。場所はブルーノート東京。
僕のことを知っていてくれていたのもあってか、すぐ近くにある老舗のジャズ・クラブ 「Body&Soul」のママの誕生日だから行くんだけど、来ない?という誘いに、二つ返事で 一緒に来てくれた。
着いて早々に彼女とセッションをした僕は、すぐに彼女のピアノの プレイに惚れ込んだ!
高い技術と抜群のセンスの持ち主だということは、音を聞いて一瞬でわかった。 今では僕が日本で、いや世界で最も信頼するピアニストのひとり。
出会った翌年だったかな、彼女の当時の本拠地アトランタを訪れたのがきっかけでアトランタを好きになり、 アトランタで一緒に2枚のアルバムを作ることになる。
そして、これを書いている時点での僕の最新アルバムも 彼女と作ったのです。
今までいろんなところで一緒にプレイしてきたけど、いつでもどんな時もホントに気持ちよく、 純粋に歌わせてくれるピアニスト。
スっと心の中に入って来て、ずっと一緒にいてくれる。一度味わったら病みつきになる(笑)。。。と、そこまで僕が思う素晴らしいピアニスト、宮本貴奈。
長い海外生活から日本に腰を落ち着けて最初のアルバム、もうすでに僕の愛聴盤です。
このアルバムがひとりでも多くの人に聴いてもらうことを願ってやみません。
ぜひライヴでも彼女のピアノの音を体感してほしいな。貴奈、ニュー・アルバムおめでとう!!

 

TOKU

 
宮本貴奈ニューヨーク・トリオ プロフィール


宮本貴奈/みやもとたかな(ピアノ)

ピアニスト、作曲家。茨城県結城市出身。
欧米(ボストン、NY、アトランタ、ロンドン)に19年在住。北南米、ヨーロッパ、アジア、アフリカなど、活動範囲は25ヵ国に渡る。
幼少からエレクトーンを学び、14歳で作曲家になると決心、ピアノに転向。米国ボストンのバークリー音大に留学、ジャズに目覚める。映画音楽学科・ジャズ作曲学科卒後、全米エドマンジャズピアノ大会優勝。歌手ニーナ・フリーロンのワールドツアーに5年間参加、ピアノ・編曲と音楽監督を担当した「Soulcall」は2001年グラミー賞にニ部門でノミネート。レネ・マリー、リズ・ライト、アラン・ハリス、TOKU、中西圭三、マヤ・ハッチ、ギラ・ジルカ他、ボーカリストとの共演や、ビル・エバンストリオのドラマー、マーティ・モレルとエバンストリビュート等展開。NYでの活動を経てアトランタに拠点を移し、ジョージア州立大学ジャズ教育学修士卒。「ジョージア州で最も影響力のある女性」「アトランタベストジャズアクト」(二年連続)他受賞。
「種まく旅人」「ふるさとがえり」等の映画音楽、NHKのテーマ曲や演劇の音楽も担当。
地元結城市「紬の郷サウンドフェスタ」スーパーバイザーとして、毎夏国内外からゲストを招聘して共演。TOKU(vo/flglhn)、狩野泰一(篠笛)他のサウンドプロデュース、作・編曲も手掛け、グラミー賞候補のカーク・ウェイラム(sax)と共同プロデュースの「Promises Made」は、2008年ビルボード全米5位にチャートイン。国際的に第一線で活躍を続ける、今業界が最も注目するピアニスト。


Matt Penman/マット・ペンマン(ベース) www.mattpenman.com
ニュージーランド出身。NY在住。
宮本貴奈とボストンのバークリー音大で共に学んだ仲間である。
バークリー在籍中からNYで活動を始め、卒業を待たずにNYのトップベーシストの一人となった。
ジョシュア・レッドマンと共にバンド、JAMES farmを結成。
ジョン・スコフィールド、ジョー・ロバーノ、カート・ローゼンウィンクル、SFジャズコレクティブ他、数々のバンドで活躍している。
リーダーとしても自己のアルバムを三枚発表、作曲家としての手腕も発揮している。
しなやかなプレイと知的なルックスで、深いベースサウンドに惹き込む。趣味は、自家製ワイン作り。


Ulysses Owens Jr./ユリシス・オーウェンズ・ジュニア(ドラムス) www.usojazzy.com
米国フロリダ州ジャクソンビル出身。NY在住。
NYの名門、ジュリアード音楽院に学ぶ。深いグルーブとシャープなサウンドが魅力。
ウィントン・マルサリス、クリスチャンマクブライド、カート・エリング他、数々の一流プレイヤーのサポートも手掛け、若くしてNYジャズ界のカリスマドラマーとしての地位を確立。2010年と2012年に参加したアルバムが、グラミー賞ジャズ部門受賞。リーダアルバムも2枚発表。作・編曲、プロデュース、教育活動など、幅広く活躍し、NYで最も忙しいジャズアーティストの一人である。
Spice of Life 商品検索
Spice of Life 商品カテゴリー


Rerease Information -新譜リリース情報 Event Information -ライブ・コンサート情報 Publicity -メディア掲載情報 Spice of Life Facebook Page

Spice of Life アーティスト別作品
Spice of Life オススメ商品

Spice of Life ショッピングカート カートの中を見る




Junko Moriya Official Site
宮本 貴奈 Official Site

RSS
ATOM